コーチングの教科書

「コーチングの教科書」の基本連載です。未来思考で世界中の人の創造性と天才性を育み、利他的な人を増やす活動であるコーチングの学び方を、基礎からわかりやすく説明していきます。

第1章 コーチングの本質

1−1 コーチの三原則(基本連載)

コーチングを学ぶ時にはいつも、ルー・タイスの基本三原則を思い出し、タイスの基本三原則から考えるようにしています。

コーチングでは、心(マインド)の扱い方を学んでいきます。コーチングの本質は、利他的な人を増やす活動であることです。

この場合に、利他的というのは英語では unselfish で、自己中心的でないことを意味します。自分にも自分の創造的な心の扱い方や他者との関わりの中で展開していく一つの宇宙があるし、他の存在にもそれぞれにその方の宇宙があります。自分の自由、幸せやゴールの実現だけでなく、他者の自由、幸せやゴールの実現を心から願い、そのように行動できる時に、人は幸せを感じ、本当の自己効力感(エフィカシー)を感じるのではないでしょうか。

未来の世代を含むたくさんの人の自由や創造性を育み、相互に尊重し協力し合える平和な世界の出現の基盤となる可能性を持った、人類の叡智の結晶であるようなコーチング。他者の自由や幸せを願って創造性を発揮し、互いの宇宙を豊かに意味あるものにしてきた先輩たちは人類の歴史の中にたくさん存在しますが、20世紀後半からの40年にわたる実践の中でコーチングの体系にまとめ上げ、多くの人のエフィカシーを高めてきたのが、元祖コーチと言われるルー・タイスです。

人生の不思議な導きで、2009年に、ルー・タイスが開発したコーチングの体系(TPIEの前身となったプログラム)を、全編英語のファシリテータートレーニングという形で受講する機会がありました。その後に日本語版のTPIE(タイス・プリンシプル・イン・エクセレンス)のファシリテーター訓練も受け、それ以来ずっと、コーチングを学び続けています。ルー・タイスが来日して行われたファシリテーター会議の時に志願して通訳をさせていただいたこともあり、真横で、日本でコーチングを学ぶ人たちに心から温かい思いと言葉で励まし続けるそのお人柄の熱量を感じたことは、いつも自分の人生の基盤になっています。

ルー・タイスの基本三原則は、ルー・タイスの著書「アファメーション」(英語原著「Smart Talk」)の最初の方に述べられています。

私の人生は、次の三つの基本原則に導かれています。自分を偽らないこと(Authentic)、進歩的であること(Progressive)、有効な行動をとること(Effective)、がその三つです。

ルー・タイス「アファメーション」